ボニックプロで太ももは【ガチで】痩せる|痛いのが心配なら読んでみて

ボニックプロ

私にとってボニックプロはむくみ解消太もも痩せには欠かせません。

ボニックプロの効果で太もも痩せしたい人は多いみたいですね。

だけど、特に太ももは「痛くて使ってられない!」という意見が目立ちます。

ボニックプロ 太もも

※ちなみにボニックプロには体重を減らす効果はないので間違った情報に振り回されないように。

たしかにボニックプロではなく、ボニックの頃は痛いという悪評がわんさかありました。

だから、購入前に迷ってしまう人も多いらしい。

だけどね、ボニックプロはちゃんと使えばあまり痛くないんですよ。

痛いことを心配してボニックプロを迷っているなら、

もったいないです。

だって太ももが簡単に痩せるんですよ。(マジで)

ボニックプロを使ったあとはこんなにも変わります▼

ボニックプロ 太もも

ボニックプロを使い続けた1ヶ月後。 膝のあたりがすっかりシェイプアップされています。

1ヶ月頑張った結果、

−3センチは達成しましたよ。

スポンサーリンク


ボニックプロはそんなに痛くないよ

ボニックプロ 太もも

ボニックプロのホットモード

ボニックのときには脂肪を温めてコリをほぐす「ホットモード」が搭載されていなかったから、「痛くて続けてられない」という意見が多かった。

運動するときには準備運動して体を温めますよね。

それと同じ。

ボニックプロは筋トレと同じような効果がありますから、身体が冷えている状態で使うと痛いのは当たり前。

ボニックの口コミを見て混同してしまう人も多いですが、ボニックプロでは痛みがあるという意見は少ない方です。

それでもやっぱり、ボニックのレベルを弱いモードで使っても「痛い」というならば、原因はコレです▼

ボニックプロで太ももが痛い原因はコレ

原因は太ももの筋肉が多い事。

口コミの中には脂肪が多くて痛いって言っている人も中にはいますが、です。

筋肉が多いから痛いんです。(太く見えるのは筋肉の上に脂肪が乗っかっているわけですね)

これはボニックプロの公式サイトでも書かれています。

ボニックプロ、ボニックではEMSという低周波の電気を使って筋肉を刺激しています。

簡単にEMSの仕組みをご説明します。 EMSとは、Electrical muscle stimulationの略で日本語に訳すと「電気的筋肉刺激」となります。 意訳すると「電気刺激による運動」です。

簡単に言うと、ボニックプロ、ボニックから電気を発してその力で筋肉を刺激しています。

引用:ボニックプロ公式(けんこうタウン)

どちらにせよ、無駄に太い筋肉は太もも痩せにおいて厄介な存在。

モデルさんはキレイな脚を作るために、無駄な筋肉を削ぎ落とす特殊な歩き方を訓練するそうですよ。

だから、どうやって使ってもボニックプロが痛いと感じるならば、一度筋肉を落とすトレーニングをしてみると良いかもです▼

コチラの【太もも痩せまとめ】が参考になる

とにかく、ボニックプロが痛いかどうかは、買ってみないことには分かりません。

太もも痩せしたいあなたは、口コミのことは一旦忘れて、

太ももを細くする難しさを思い出していただきたい。

足が痩せるって、相当な努力が必要なんだよ。

脚痩せって体重とは違って【見た目が細くならないと意味がない】んですよね。

そして、脚痩せするために多くの人が勘違いしていること、

それは太ももを「脂肪燃焼させて痩せてやる!」って思っていること。

だから、一生懸命スクワットしたり有酸素運動したりヨガしてみたり…そんな覚えありませんか?

そんなことをしていたら、

あなたの脚はどんどん太くなる一方です。

なぜなら下半身と上半身では脂肪が燃焼されるスピードが違うから。

特に太ももはセルライトやむくみで太って見える事が多い。

むくみは比較的簡単にマッサージできたとしても、セルライトはなかなか落ちない脂肪です。

ダイエットをしても胸ばかり痩せて下半身(太もも・ふくらはぎ)は痩せないという事態になるんですよね。

いわゆる女性に多いナシ型体型です。

そのような事情の中で、ボニックプロで【太もも痩せできた】という口コミがあるのはかなり評価に値する効果ですよね。

太ももに効果があったという口コミ▼

しかも、デスクワークや立ちっぱなしで動かない仕事で脚はパンパン。

そんなむくんだ脚を自力でマッサージしてシェイプアップするよりも

すぐにボニックプロで太もも痩せを実践してもらいたいです。

それではレッツ脚痩せ!

ボニックプロ  公式サイトはこちら▼


ボニックプロの効果で太ももが痩せるメカニズム

そもそも、ボニックプロの効果は

  • 筋肉をつけるわけではない
  • 皮下脂肪を取り除くのではない

という点です。

「筋肉も付けない・脂肪も減らさないってどうやって痩せるのさ」

って感じですよね。

でもこれを勘違いしていると、ボニックプロの評判悪い口コミのように

【全く痩せません】

と嘆きたくなる事態に陥るんです。

太もも痩せのコツは3つ。

分かりやすいように同じ脂肪でも「皮下脂肪とセルライトは分けて」考えましょう。

太もも痩せで重要なのは、皮下脂肪を減らすことでも、筋肉を増やして脂肪燃焼させることでもありません。

  • むくみを解消しセルライトを潰す
  • 太ももの筋肉の凹凸を際立たせる
  • 太ももの筋肉を減らす

という3点が太もも痩せには重要になります。

ですから、逆に言うと太ももを細くするために、足の筋肉を鍛える必要ってあまりないんです。

ここが大きく勘違いしている人が非常に多い。

太ももを痩せたくて無駄に筋トレしてみたり、有酸素運動してみたり。

たしかに、内臓脂肪は燃えますよ。

でも、これでは脚は痩せないのに、上半身ばかり痩せてしまいます。

太ももの脂肪が減るというのは、相当時間がかかります。

本当は脂肪が減るのも理想ですけど、それだと相当時間と努力が必要です。

だから太もも痩せにおいて大事なのは、

無駄なセルライトやむくみを取り除き、元ある筋肉を引き締め目立たせて細く見せる。

というわけです。

ボニックプロの効果は太もも痩せが簡単な理由

「でもボニックプロで筋肉をつけるんじゃないの?」

って思っている人は多いと思います。

ではボニックプロで得られる効果は何なのか、ここでボニックプロの効果を簡単におさらいしておきましょう。

ボニックプロの効果をおさらい

ボニックプロはEMSとキャビテーションによって身体の太さが気になる部分を細く引き締めることができるもの。

簡単に言うと

  • RF…脂肪や筋肉を温める
  • EMS…電気によって筋肉に刺激を与えて引き締める
  • キャビテーション…セルライト(脂肪組織)を壊しリンパや血液へと流す(最後は尿となる)

という役割を持っていて、部分痩せが簡単にできるっていうのがボニックプロですよね。

つまり、ボニックプロは太もも痩せの「セルライトをなくして、筋肉の凹凸を目立たせる」という役割を担っているのがわかりますよね。

「脚がスッキリ細くなった♪」

というのは本当に感じる効果です。これは私が実際使っているので自信を持って言えます。

キャビテーションによってセルライトを解消すると、肌表面の凸凹もなめらかになります。

EMSの引き締め効果を検証した文献もあります。なので、胡散臭いなんてものではないんですよ。
EMS検証結果(外国語)

EMSなんて嘘だ!効果ない!って言う人も見かけますが、個人的にはボニックプロのEMSの効果は信用しています。

でもEMSで筋肉が付くと逆に太くなるんじゃないの?

とはいえ、

確かにEMSは筋肉を鍛える効果はありますが、

EMSで”脚が太くなるほど筋肉をつける”のは残念ながら不可能です。

もともとEMSはリハビリ用の製品。

ある程度の筋肉を維持する効果が期待できるとは言え、

無限に筋肉増強していくのは無理があります(笑)

だから、私はコチラの記事でも腹筋女子になりたい人にはボニックプロはおすすめしていません。

じゃあ何のためにEMSがあるのかというと、

キャビテーションは脂肪細胞を壊してリンパに流しますが、リンパって筋肉の動きによって流れていくんですね。

リンパが流れるときには筋肉を振動させたほうが効率がいい。

だからキャビテーションとEMSはセットになっていることが多いんです。

特に女性の場合は

そう簡単にボニックプロで筋肉太りしたりはしませんから安心してください(笑)

ボニックプロで筋肉が太くなるんじゃないか心配だった人は、安心してください。

「魅せるボディ」を作る!ボニックProはこちら▼



でも、太ももが筋肉太りするって言われるのは何故?

多くの場合は、筋肉太りするという表現が間違っていることが多いです。

太ももの筋肉の上に【皮下脂肪+セルライト】が付いていることが脚が太くなる原因です。

本当に筋肉が太いならば、現在何かトレーニングやスポーツをやっている場合に限ります。

脂肪よりも筋肉は維持するためにエネルギーが必要です。

生命維持のためにどんどん筋肉を削って節約しようとするんです。

だから筋肉が衰えていくんですよ。

なので普通に過ごしていて、運動もトレーニングもしていないならば、とっくに筋肉は適切な量に落ちているはず。

それでも太いならば、それはやはり皮下脂肪とセルライトです。

だから、ボニックプロのキャビテーションが重要になってくるわけですね。

太もも痩せは難しい?ボニックプロに頼るべき3つの理由

そもそも、太ももの脂肪はそう簡単に自力で痩せる部分ではありません。

だからこそ太い足に悩んでいるなら、ボニックプロに頼って欲しい。

では、なぜ自力で太もも痩せが難しいのか説明しましょう。

1.ダイエットで太ももは最後にやせる

脂肪は分解される速さが部位ごとで違うため

【内蔵脂肪→上半身の皮下脂肪→下半身の皮下脂肪】

という順番で脂肪が減っていきます。(特に女性は皮下脂肪が多いので痩せにくい)

だから、太ももが痩せるのは最後。

女性の場合、皮下脂肪が多く付いているのわけですが、それが燃焼しづらいったらこの上ない。

ここで勘違いして、脂肪を燃焼するには筋肉を鍛えることだ!って思って自己流の筋トレなんかしてしまうと、太もも痩せから遠回りしてしまう訳です。

2.太ももは体重を減らすダイエットと同じやり方では痩せない

基本的に食事制限だけで部分的な脂肪痩せは不可能と言われています。

もし、食事制限だけで太ももが痩せたとすれば、それはかなりヤバイくらい痩せてしまったときです。

実は私が経験したことがあるんですが、痩せることを追いかけすぎて34キロまで痩せたことがあります(160cm)

それなのに太ももの太さは変わったような印象を受けませんでした。

36キロ位から、やっと脚が目に見えて細くなったなと感じましたが、そんな異常な体重でキレイなからだとはいえません。(その後超リバウンドしています)

つまり、

幸か不幸か、太ももはリンパが最も集中している部分なので、皮下脂肪というよりもリンパにたまった老廃物が原因で太く見えることが多い。

多くの場合、太ももが痩せた!っていうのは、リンパに溜まっていた老廃物がなくなったことが主な原因。

だから、太もも痩せは食事制限ではなく、リンパマッサージやセルライトを潰すのが効果的と言われているんです。

だけどね▼

4.脚痩せで自力リンパマッサージでは限界がある

そもそも、セルライトとは・・・・

脂肪細胞が冷えや血行の悪さで脂肪・水分・老廃物がコラーゲン線維と絡まって固まってしまった状態を言うそうです。

コラーゲンと肌をピチピチに保ってくれる女性が大好きなタンパク質ですが…

脂肪と絡んでしまうとセルライトへと変貌してしまうんですね。こわっ。

そんなコラーゲンと絡み合った脂肪をどうやって自分でマッサージして落とせそうですか?

無理ですよね。

リンパに老廃物が溜まっているだけならまだしも、セルライトへと変貌した脂肪を自力でリンパマッサージは無理です。

毎日デスクワークで8時間座りっぱなしの老廃物が積み重なった太ももですよ。

自力で何にも頼らずマッサージして取り戻せるなんて考えは

甘いです!

だから痩身エステサロンがあるんですよ。

でも…エステに通うとなると時間もお金もかかります。

だから、ボニックプロに頼って欲しいんです。

自力で毎日太もものリンパマッサージをするのと、ボニックプロで一日20分ほど、太ももに当てるだけマッサージするのと…

どっちが早く楽に太ももが痩せそうですか?

ボニックプロのほうが圧倒的ですよね。

もちろん、1週間程度で効果が現れるとは言いません。

人によっては1ヶ月かかるかもしれません。

でも、ボニックプロしなかったら、セルライトは解消されるどころか溜まってく一方ですからね。

ボニックプロで太もも痩せしようじゃないか

太もも痩せにおいてのコツは

  • 太ももを燃焼させようとトレーニングをしないこと
  • セルライトを無くして、元ある筋肉を目立たせること
  • できるなら毎日リンパマッサージをすること

という点です。

言ってしまえばシンプルですが、やるのはとても難しい。

だけど、ボニックプロなら太もも痩せが可能だってことがわかったと思います。

自分の後ろ姿ってなかなか見えないですが、太ももは後ろから見た時が1番悲惨です。

こ・・・こんなにセルライトが…ムチムチだったとは…

って驚くと思います。いちどスマホで写真撮って後ろ姿と向き合ってください。

セルライトは放おって置いてもなくなりません。

私は約20年間、太い足、短い足に悩まされていました・・・。

いろんなネットの情報を見て、脚痩せタイツを買ってみたり、無駄にスクワットしてみたり・・・。

逆に間違ったダイエットでガリガリ痩せいて気持ち悪い体になったり…。

なんて遠回りしてたんだろうって思います。。

高校生のあの頃、キレイに脚痩せしていたら…

スカートのすそ膝上にしてスクールライフ楽しめたのに!!(笑)

青春時代は戻ってきませんが、今ではセルライトが解消され、膝の骨や筋肉の凹凸が浮き上がってくると足も長く見えたりします。

私はいつもボニックプロに助けられています・・・

あなたもボニックプロの効果を信じて、太もも痩せに挑戦してみてください。

ボニックPro公式サイト▼